禁煙.net禁煙グッズ比較>電子タバコ

電子タバコとは

電子タバコは近年急に人気を伸ばしている禁煙グッズです。禁煙パイポの一種に分類されますが、空気中の水分を水蒸気に変えて吸引させることで、タバコを吸っているかのような感覚までプラスされています。喫煙が習慣化されている方にオススメの禁煙グッズです。

電子タバコのメリット・デメリット

電子タバコはカートリッジ内に含まれている液体を電気的に水蒸気化させて、それを吸引するという禁煙補助グッズです。水蒸気を吸引することによりタバコの煙を吸っているかのような気分になれます。
そのため、喫煙が習慣化しており、なかなかやめられないという人には禁煙補助グッズとして適しています。

商品にもよりますが、カートリッジ内の液体にはフレーバー(香り)を含むものや微量のニコチンを含むものもあります。特に、ニコチンを含むものは、禁煙初期のニコチン切れによる禁断症状を緩和する働きも期待されます。(ニコチンが含まれていないものもあり、徐々にニコチン含有量が少ないカートリッジに変えて行くという使い方も可能です)
※現在のところ、ニコチンが含まれている電子タバコは国内で販売されていません(薬事法に抵触するため)

電子タバコのデメリットとしては、カートリッジは交換式のため、他の禁煙グッズと比較してもやや高価であること。また、電子タバコの人気に伴い粗悪品の出回りが懸念されています。
商品レビューなどをみてみると、意見が意外と大きくわれているのも特徴です。

 

電子タバコによる禁煙がオススメな方

電子タバコは、まるでタバコを吸っているかのような感覚にしてくれる禁煙グッズです。そのため、ニコチン依存となっている方の場合はどうしてもニコチン切れによる離脱症状(禁断症状)が生じます。
一方で、ニコチン依存ではなく、習慣的な依存になっている方(タバコをすう習慣自体が癖になっている方)の場合は、こうした電子タバコは非常に効果的な近年グッズとなります。

 

電子タバコの人気商品

イーシガレット2

新感覚の煙がでる電子タバコ。メンソール味だけでなく、マルボロ味も。

>>楽天市場の電子タバコ売れ筋ランキングを見る