禁煙.net禁煙の基礎知識>禁煙を失敗させる原因

禁煙を失敗させる原因について

禁煙を失敗させる大きな原因は「アルコール(お酒)」「ストレス」「気分の落ち込み」の三つが三大原因と言われています。ここでは、それぞれの禁煙を失敗させる原因の考察とその予防策を検証していきます。

禁煙を失敗させる原因には近づかないのが鉄則

禁煙を失敗させる原因(要因)に対してはなるべく近づかないことをお勧めします。特に最初に書くお酒(アルコール)は吸いたいという衝動が沸き起こるのに加えて、お酒によって気が大きくなる、冷静な判断ができなくなるなどの理由で再度煙草に手を出したくなってしまいます。

「1本だけ」は絶対にNG」でも書いたように禁煙者は1本でも喫煙したら、これまでの苦労が水の泡になります。禁煙を失敗させる原因をしっかりと理解して対策を立てましょう。

 

アルコール(お酒)と禁煙失敗

アルコール(お酒)が入るとどうしてもタバコが吸いたくなります。お酒が入っていないときは禁煙が継続できたのに、飲み会でお酒を飲んでしまうと吸いたいのが我慢できなくなりタバコを吸ってしまい禁煙失敗という方が多くいます。
>>アルコール(お酒)と禁煙失敗

 

ストレスと禁煙失敗

タバコをやめる体内のニコチンが減少し、イライラします。これは禁煙による禁断症状です。しかし、タバコを吸う事でこのイライラが取れることを喫煙者は知っていますので、ストレスなどがかかるとどうしてもタバコを欲しくなってしまいます。
>>ストレスと禁煙失敗

 

意思の弱さによる禁煙失敗

あなたが禁煙に失敗した理由は何ですか?と質問したときにおおよそ上位に来るのが、禁煙しようとする意思が弱かったことという回答です。タバコには依存性がありますので、強い意志があっても折れてしまうこともあるでしょう。ここでは意思の弱さによる禁煙失敗をカバーするテクニックを解説します。
>>意思の弱さによる禁煙失敗