禁煙.net禁煙の基礎知識禁煙を失敗させる原因>アルコール(お酒)と禁煙失敗

アルコール(お酒)と禁煙失敗

アルコール(お酒)が入るとどうしてもタバコが吸いたくなります。お酒が入っていないときは禁煙が継続できたのに、飲み会でお酒を飲んでしまうと吸いたいのが我慢できなくなりタバコを吸ってしまい禁煙失敗という方が多くいます。

なぜお酒が入るとタバコを吸いたくなるのか?

なんででしょうかお酒が入ると無性にタバコが吸いたくなります。こうした無性に吸いたくなるのは、食後やアルコールが入ったときなど喫煙者の皆さんには経験があるかと思います。

特に、禁煙の失敗において宴会(飲み会)でタバコをつい吸ってしまったというケースが多く見られます。これは、お酒が入ることでタバコが吸いたくなることに加え、近くにタバコを持っている人がいることが多く、その人からついもらいタバコをしてしまうという理由が考えられます。

 

アルコール(お酒)による禁煙失敗を避けるために

お酒による禁煙失敗を避けるためには、禁煙を始めてからしばらくの間は飲み会にできるだけ参加しないというのがポイントです。ただ、どうしても避けられない場合もあるでしょうから、飲み会に出るときは「非喫煙者のそばに座るようにする」、「禁煙していることを宣言する」、「できるだけ短時間ですませるようにする」など、タバコを吸いたい欲求をできるだけ抑えるようにしましょう。