禁煙.net禁煙の基礎知識禁煙を失敗させる原因>意思の弱さによる禁煙失敗

意思の弱さによる禁煙失敗

あなたが禁煙に失敗した理由は何ですか?と質問したときにおおよそ上位に来るのが、禁煙しようとする意思が弱かったことという回答です。タバコには依存性がありますので、強い意志があっても折れてしまうこともあるでしょう。ここでは意思の弱さによる禁煙失敗をカバーするテクニックを解説します。

タバコには依存性があるので意思だけで禁煙しようとしない

タバコには、ニコチンといった依存性のある成分が含まれています。また、長期間の喫煙習慣は喫煙(タバコを吸う)という行為自体に習慣性を与えてしまい、禁煙を難しくしています。

これらに対して、自らの強い意志だけで禁煙するのはかなり骨が折れることでしょう。実際禁煙に失敗した多くの方は、禁煙しようという意思が持たなかったと釈明しています。

禁煙をする際は、意思だけでなく周囲のサポートや環境づくりが大切です。

・喫煙者が多くいる場所には行かない
・自宅の灰皿やライターを捨ててタバコをすえない環境を作る
・周囲の人に宣言して禁煙に協力してもらう(吸おうとしたら止めてもらう)
・食後やお酒を飲むときは喫煙以外の代替手段を用意しておく(お茶やコーヒーなど)

このように、タバコを吸えない(吸いにくい)環境を作り上げることが大切です。

あと「1本だけは絶対にNG」でも書きましたが、飲み会の席などで1本だけのもらい煙草は絶対にだめですよ。