禁煙.net禁煙の基礎知識>禁煙の手法

禁煙の手法と成功率について

世の中に禁煙法というものはたくさん存在しています。禁煙法とその成功率では、様々な禁煙法の特徴やコスト、実際の禁煙成功率などをわかりやすく分析・解説していきます。

禁煙法を試す前に

まず、禁煙というのは非常に成功率が低いものだということを理解してください。要するに簡単な気持ちでは禁煙は成功しづらいのです。

 

我慢による禁煙

まず、禁煙しようと思う人がとる最もスタンダードな方法は我慢して禁煙するというものではないでしょうか?手持ちのタバコを捨て(または消費しきって)、以後タバコは吸わないと誓うタイプのもので、多くの人がチャレンジしています。

 

禁煙グッズによる禁煙

禁煙パイポや電子タバコ、ニコチンガムなどのような様々な禁煙グッズが多数販売されています。こうした禁煙グッズを使って禁煙をスタートさせようという方も多いのではないでしょうか?ここでは、禁煙グッズを使って禁煙する際のポイントを解説します。

 

禁煙外来による禁煙

禁煙外来とは、喫煙をやめたい人向けに作られた専門が以来の科目の一つです。90年代後半より増加しており、禁煙の支援やニコチン置換療法などを通じた禁煙法を実践します。従来は自由診療(健康保険の対象外)でしたが、2006年より健康保険の適用が一部認められています。

 

禁煙セラピーによる禁煙

禁煙セラピーとはグループディスカッションを通じて禁煙を行うという新しいタイプの禁煙方法です。公式ホームページによると禁煙成功率は90%を超えるとされています。

 

禁煙パイポによる禁煙の成功率

禁煙パイポはタバコの習慣性を保持したまま、ニコチン依存から先に抜け出すというものです。喫煙(擬似喫煙)によりタバコを吸うという習慣性は残して禁煙する方法です。近年では、本当に火をつけてしまうタイプの禁煙用タバコ(?)もあります。