禁煙.net禁煙の基礎知識禁煙の手法と成功率>禁煙外来による禁煙

禁煙外来による禁煙について

禁煙外来とは、喫煙をやめたい人向けに作られた専門が以来の科目の一つです。90年代後半より増加しており、禁煙の支援やニコチン置換療法などを通じた禁煙法を実践します。従来は自由診療(健康保険の対象外)でしたが、2006年より健康保険の適用が一部認められています。

禁煙外来と健康保険

禁煙外来は2006年6月より一定の基準を満たす喫煙者に対する禁煙治療について保険適用が認められており、禁煙補助グッズであるニコチンパッチに健康保険が適用されています。ただし、健康保険が認められている病院は敷地内禁煙が行われているなどの一定の要件を満たした医療機関であり、患者側も以下で定める基準を満たすことが条件となります。

 

禁煙外来を受けるにあたっての患者条件

禁煙外来において禁煙治療を受ける場合は患者(元喫煙者)に以下の条件が必要とされており、以下を全て満たした人だけが禁煙治療を禁煙外来で治療することができます。

  1. 患者が禁煙を望んでいること(家族などは不可)
  2. ニコチン依存症診断テストにより5点以上の診断をされた者
  3. 喫煙年数×1日あたりの喫煙本数=200以上である者
  4. 治療方法・治療に関する文書に同意できる者

治療は5回まで健康保険が適用されますが、それ以上は保険適用外(自由診療)となります。
「喫煙年数×1日あたりの喫煙本数=200以上である者」とありますが、未成年者のようにそもそも喫煙が許されていない人が喫煙していた場合、その期間は算入されません。

ただし、未成年の方でも受診ができないわけではないので、禁煙を望んでいるのであれば医師に相談するべきだと思います。

 

禁煙外来が健康保険対象となっている病院の条件

禁煙外来を行う医療機関は以下の条件を満たす必要があります。

  1. 施設内が禁煙であること
  2. 施設内に禁煙外来を行っていることを明示していること
  3. 禁煙治療の経験がある医師が1名以上勤務している
  4. 禁煙治療専属の看護士(准看護士)が1名以上勤務している
  5. 治療用の一酸化炭素測定器が用意されている
  6. 社会保険事務局長に禁煙した患者を報告している

 

禁煙外来の治療法(ニコチン代替療法)

禁煙外来では、主に「ニコチンパッチ」を使った禁煙治療が行われます。ニコチンパッチとは、ニコチン依存による禁断症状を抑えるための禁煙補助グッズで医師の処方により利用する禁煙グッズです。微量のニコチンを皮膚から吸収することでニコチン依存による禁断症状(離脱症状)を軽減することができます。こうした治療法を「ニコチン代替療法」と呼びます。

 

全国の禁煙外来検索

禁煙外来を利用可能な医院については、お住まいの都道府県社会保険事務局に問い合わせることで回答をもらうことができます。

また、上記の他「禁煙外来検索」「禁煙外来口コミランキング」などの禁煙外来ポータルサイトでも情報を提供していますので、参考にしてみてください。

 

禁煙外来の有名医院

・東北大学病院 腎・高血圧・内分泌科・禁煙外来
宮城県仙台市青葉区青陵町1-1

・東北中央病院・禁煙外来
山形県山形市和合町3-2-5

・大阪府立健康科学センター・健康生活推進部
大阪府大阪市東成区中道1-3-2