禁煙.net禁煙の基礎知識禁煙の手法と成功率>我慢による禁煙

我慢による禁煙について

まず、禁煙しようと思う人がとる最もスタンダードな方法は我慢して禁煙するというものではないでしょうか?手持ちのタバコを捨て(または消費しきって)、以後タバコは吸わないと誓うタイプのもので、多くの人がチャレンジしています。

我慢による禁煙の成功率

最も多くの人がはじめようと思う禁煙法です。俗に言う禁煙補助グッズを使用することなく禁煙を達成しようとするものですが、多くの人が失敗する禁煙法でもあります。

減煙か完全禁煙か?

多くの人は禁煙するという際は、二つのパターンがあると思います。ある特定の日からタバコを一切やめてしまうというもの。もう一つの禁煙パターンは吸う本数を減らしたり、ニコチンやタールの量が少ないものに変えていくという方法です。まず、減煙により禁煙を達成するのは非常に難しいものです。「なぜ禁煙は失敗するのか?」で前述の通り喫煙には非常に高い依存性があります。禁煙をするのであれば、きっぱりとタバコをやめるという方が成功確率は高くなります。以下では、タバコの量やニコチンを軽くするという禁煙方法のデメリットを解説します。

本数を減らすという工夫

喫煙本数を減らすというのは、軽く禁煙を始めることができますので比較的取り組む安い禁煙法かもしれません。ですが本数を減らした場合、体は自然と不足するニコチンを多く摂取しようとしてより根元までタバコを吸ったり、肺の奥の方にまで煙を入れるなどして多くのニコチンを摂取しようとしてしまし、ニコチン依存から逃れることはできません。

タバコをより軽いものにする

タバコを1mmなどの軽いものに変えるというのも良く行われる禁煙法です。確かに軽いタバコの方がニコチンやタールなどの量は少なくなります。ですが、軽いタバコを吸うとやはりものさびしいもので、本数を減らす工夫と同様に肺の奥まで吸い込んだり、根元まで吸ったりとした工夫をします。

 

禁煙には強い意志と協力者が必要

我慢による禁煙を実行し、成功するには強い意志や努力が必要です。我慢だけで禁煙を達成するに当たっては、タバコの持っている「依存性」と「習慣性」の二つを退治する必要があります。
依存性と習慣性の強さについてはそれぞれ「依存性チェック」「習慣性チェック」をお試し下さい。両方の依存性が弱ければ我慢による禁煙の成功率も高まります。

禁煙を実施するにあたっては、協力者を探しましょう。親兄弟や配偶者、友達、同僚などを引き込んで禁煙宣言を行ったうえで、禁煙をすることに対して協力をお願いします。