禁煙.net禁煙の基礎知識タバコへの依存>ニコチン依存度チェック

ニコチン依存度チェックについて

「ニコチン」には大きな依存性があるということはタバコの基礎知識で解説しました。ですが、実際に禁煙を始めるにあたっては自分がどれほどニコチンの依存性を持っているのかを知っておいて損はありません。まずは、自分自身のニコチンに対する依存度を理解しておきましょう。

ニコチン依存度チェック

以下の質問に答えてください。

設問内容
3点
2点
1点
右の内どのシチュエーションが最もタバコが吸いたくなりますか?
起床時
それ以外
禁煙と言われた場所ではタバコを吸わないでもいられますか?
いいえ
はい
1日に何本タバコを吸いますか?
30本以上
20本以下
10本未満
風邪を引いてるときにタバコを吸いますか?
はい
いいえ
未成年時に喫煙していましたか?
はい
いいえ
自分の身の回りには喫煙者が多い?
はい
いいえ

 

合計点数が[12点以上]の人:ニコチン依存度「強」

かなりニコチンに依存していると考えられます。禁煙を実施した場合は強い離脱症状(禁断症状)が現れる可能性があります。禁断症状が続く期間は完全に禁煙した場合は4日〜2週間程度です。禁断症状が強いというかたは禁煙外来を利用し、ニコチンパッチニコチンガムなども活用してニコチン依存から抜け出しましょう。

 

合計点数が[8点以上]の人:ニコチン依存度「中」

ニコチンにある程度依存しているようです。一般的な水準ともいえます。禁煙に成功するかどうかは禁煙に対するあなたの決意が必要です。過去に禁煙の経験がある場合はその失敗も踏まえながら禁煙をしましょう。
禁煙外来などを利用せずに、自力での禁煙も可能なレベルです。

 

合計点数が[7点未満の人]:ニコチン依存度「弱」

一般的にニコチン依存度は低いと判断されます。禁煙をスタートさせても離脱症状は少なめでしょう。まだ喫煙が習慣化されていないのであれば、すぐにでも禁煙できるかもしれません。このサイトを参考にして工夫しながら楽しく禁煙にチャレンジしてください。

 

いかがでしょうか?ニコチン依存度チェックはあなたの喫煙に対する「依存度」を調べるためのチェックツールとなります。