禁煙.netタバコの基礎知識>タバコの周囲への悪影響>副流煙と受動喫煙

副流煙と受動喫煙について

副流煙という言葉はご存知でしょうか?喫煙者が直接吸う煙ではなく、喫煙者が吐いた煙やタバコの先などから出る煙のことを総称して副流煙といいます。この副流煙による受動喫煙が近年問題化しています。

副流煙とは

タバコの煙には大きく二種類の煙があります。一つ目は喫煙者がタバコのフィルターごしに吸っている主流煙とタバコの先から立ち上がる煙の副流煙です。主流煙が酸性であるのに対して、副流煙は強いアルカリ性で、煙に含まれている有害物質(ニコチンタール一酸化炭素など)は主流煙よりも副流煙の方に多く含まれているといわれています。

 

副流煙と受動喫煙について

受動喫煙とは、本来タバコは吸っていないにも係らず、自分の周囲の人が喫煙することによいり受動的にタバコの副流煙を吸ってしまうことを指します。副流煙には前述の通りタバコに含まれている有害物質が非常に多く含有されていますので、副流煙だけを吸っている人も、タバコによる様々な健康問題を抱えることになるのです。