禁煙.netタバコの基礎知識タバコの百害>煙草を吸うと禿げ・脱毛の原因になる

煙草を吸うと禿げ・脱毛の原因になる

喫煙によるニコチン摂取により体の毛細血管が収縮してしまいます。毛細血管は体中に栄養や酸素などを送り届ける通路であるのに、その通路が収縮してしまうことにより全身に栄養が送れなくなります。このことにより頭皮への栄養も限られてしまい脱毛・ハゲを引き起こすリスクが高まります。

喫煙と脱毛

喫煙は全身の毛細血管を収縮させてしまい、栄養素を遅れなくなります。髪の毛・頭皮も例外ではなく、ニコチンにより血管が収縮しただでさえ、血液の流れが悪くなるのに加えて、一酸化炭素も合わせて摂取されることになりますので、薄毛・脱毛・白髪などの原因となる他、髪の質も悪化しますので、髪の毛のツヤなどがなくなります。

煙草を吸うだけでとたんに髪が抜けるというリスクは小さいですが、血行不良に伴うため、喫煙が長期化するほど禿げるリスクも大きくなるといえます。

煙草を吸わないストレスの方がよっぽど悪いという方もいますが、このストレス自身も煙草によってつくられるストレスです。

薄毛や将来的な禿げを気にしている方は、禁煙をお勧めします。