禁煙.netタバコの基礎知識タバコの百害>肌荒れ

喫煙は肌荒れや乾燥を進行させる

喫煙は、お肌の新陳代謝を低下させるだけでなく、一酸化炭素による血行不良を引き起こし活性酸素の増加によりシワを増やします。また、メラニン色素の過剰生成を助ける働きもあるためシミの増加も起こります。

喫煙と美肌。煙草はお肌にとって大敵!

喫煙と老化の項目でも解説しましたが、喫煙は老化を促進してしまいます。このことは結果的に、顔のシワやシミ、血色の悪化などをもたらし肌荒れを引き起こすといわれています。

また、肌が乾燥しやすくなル他、毛穴の広がり、吹き出物(にきび)およびその痕が残りやすくなる、肌のキメが粗くなるなど、喫煙は美肌の大敵であるといえます。

さらに、女性ホルモン(エストロゲン)の代謝が阻害されて女性ホルモンの分泌量の低下によりコラーゲンの減少が進み肌のハリも失われてしまうといわれています。

さらにエストロゲンの低下により相対的に女性の場合男性化が進みやすくなるといわれています。

また、お肌に大切とされるビタミンであるビタミンC。一本の喫煙により25mgほどのビタミンCが失われるそうです。1日のビタミンC推奨摂取量は100mgなので煙草4本でそのビタミンCが失われるわけです。

いつまでも若々しく、みずみずしい肌でいたいというのであれば、喫煙はなにもいいことはありません。今すぐにでも禁煙しましょう。