禁煙.netタバコの基礎知識タバコの百害>胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍 / 喫煙・タバコのリスク

喫煙は血流が悪化することにより胃腸の粘膜に対して十分な血液が行き渡らなくなります。これに加えて、タバコに含まれているニコチンは胃酸などを過剰に分泌させる働きがありますので、胃腸が傷つけられ胃潰瘍や十二指腸潰瘍などのリスクが高まります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍と喫煙

胃潰瘍や十二指腸潰瘍はタバコと非常に密接な病気です。喫煙をするとニコチンの作用により胃腸での消化液の分泌が過剰となります。それにも係らず喫煙の一酸化炭素の働きにより体内は酸欠状態となっており、胃腸の粘膜は比較的無防備となり、胃腸は自らの消化液により潰瘍を引き起こしてしまうのです。

胃潰瘍
胃潰瘍(いかいよう)とは、消化性潰瘍とも呼ばれる潰瘍の一つです。本来は食品を消化するという役割のある胃液(消化液)が胃の粘膜を溶かしてしまうという病気です。

十二指腸潰瘍
十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)とは、胃潰瘍と同様に消化性潰瘍と呼ばれる病気の一つで、本来は食べ物を消化する働きのある胃液により十二指腸にある粘膜を溶かしてしまうことにより起こる病気です。