禁煙.netタバコの基礎知識タバコの百害>老化の促進

喫煙は肌荒れや乾燥を進行させる

喫煙は老化を促進するといわれています。喫煙により抗酸化物質でもあるビタミンCが欠乏し、体内における抗酸化作用の低下により新陳代謝が低下して老化を早めてしまいます。

喫煙と老化

医学上でも喫煙は廊下の促進因子の一つといわれています。理由はタバコに含まれているニコチンが皮膚に栄養を送る毛細血管を収縮させてしまうことから肌の乾燥を促進させることにより、シワや皮膚の張りが無くなるなどの老化現象を引き起こしてしまいます。

このほか、ニコチンはメラニン色素の代謝に大きく関連しているビタミンCを破壊する作用があることから、皮膚の色を悪くするなどの悪影響も与えます。タバコが美肌の大敵であるという論拠はここにも関係しています。