禁煙.netタバコの基礎知識タバコの百害>喫煙・タバコが歯周病・口臭の原因となる

喫煙・タバコが歯周病・口臭の原因となる

タバコのタールにより歯茎や歯に黒ずみができます。また、喫煙者は非喫煙者と比べて歯周病が発症するリスクが上昇します。

喫煙と口内環境

タバコの煙に含まれているタールは、タバコを吸う際に、自分の口の中に入ってきますので、当然口内の環境を悪くします。俗にヤニが付くといわれるよいうにタールは歯の表面に付着してしまいます。
また、タバコに含まれている一酸化炭素の働きにより口腔内の血流を悪化させてしまい、そのため、歯周病などの病気進行を早めてしまいます。

また、それに伴う「口臭」も問題となります。
口臭については歯周病等による病的な口臭にくわえて煙草自体の臭いもすることになります。