禁煙.netタバコの基礎知識喫煙・禁煙に関する法律>路上喫煙禁止条例

路上喫煙禁止条例について

路上喫煙禁止条例とはあくまでも総称であり、歩行中の喫煙を規制する内容が含まれた条例一般を指します。多くの自治体では努力義務としておりましたが、2002年に東京都千代田区が路上喫煙に対して罰則を含む条例を制定したことにより全国各地に広がりを見せています。

路上喫煙の禁止に関する条例制定の背景

路上喫煙は周囲の人に対する受動喫煙のリスクを高める他、タバコの火による火傷、吸殻のポイ捨てによる環境に対する問題などの観点から路上喫煙に対する規制が必要であるという認識が高まり制定が進んでいる。

 

路上喫煙禁止条例の例

東京都千代田区
2002年に制定。千代田区全域において路上喫煙をした人に対して過料として2,000円(条例による限度額は2万円とされている)を徴収している。

東京都品川区
路上喫煙者に対して過料として1,000円を徴収。(上限1万円)

東京都板橋区
路上喫煙者に対して1万円以下の過料(過料自体は現在留保)

静岡県静岡市
重点地域において路上喫煙者に対して喫煙をしないように指導する。やめない場合は5万円以下の過料。

福岡県福岡市
福岡天神および博多駅周辺を禁煙地区に指定。指定地区での喫煙につき2万円以下の過料。