禁煙.netタバコの基礎知識タバコの成分>タール

タールについて

タールとは有機物質の熱分解により発生する粘り気のある黒褐色の油状液体です。喫煙を行うことによりタバコの葉に含まれている有機物質が熱分解され、約4000とも言われる化学物質の結合体であるタールとなります。

タールの与える健康被害

タールは粘質性の液体です。タバコを吸ったとき、その煙をティッシュペーパーなどに至近距離からタバコの煙を吹きかけてみてください。黄色く黄ばんでいるのがわかると思います。これがいわゆる喫煙によるタールです。
タバコに含まれているタールには約4000種類以上の化合物が含まれていると記述していますが、その中で約200種類もの物質は人体に対して何らかの有害な作用を持つ物質であると言われています。
その中には発がん性物質や発ガン促進物質などが含まれています。

 

タールに含まれる発がん性物質

発がん性とは正常な細胞を悪性腫瘍(癌))に変性させる性質を持つ物質です。以下は、タバコに含まれている発がん性物質の中でも代表的な物質をピックアップしています。

・ベンゾ(a)ビレン
・ジメチルニトロソアミン
・メチルエチルニトロソアミン
・N-ニトロソノルニコチン
・ニトロソビロリジン
・キノリン
・ヒドラジン
・2-ナフチルアミン
・4-アミノビフェニール
・0-トルイジン

 

禁煙するとタールの影響は無くなる?

実は禁煙をしてもすぐにタールは体の中からなくなることはありません。タールは粘質性の液体ですから長期間にわたり禁煙後も肺に残り悪影響を及ぼします。
長期間にわたり喫煙するほど、回復にまで時間がかかります。しかし、人体が正常な回復能力を持っている間は時間の経過により肺にたまっているタールも除去されます。つまり、若いうちに禁煙をするほどタールも早く体内から排出されるわけです。
くわしくは「禁煙のメリット」のページをご覧ください。

なるべく早く禁煙をスタートさせましょう。